製糖機械SUGAR PROCESSING MACHINE

南の国々の産業を支える確かな信頼と実績で応える製糖機械。
研究と開発でさらなる進化をめざしています。

前処理設備、圧搾設備、清浄設備、濃縮設備、煎糖設備に加え、新たに脱葉設備、
スパイラル脱葉機等の研究・開発を行い、圧搾機の油圧駆動装置の新しい技術も納入しております。

お砂糖ができるまでPROCESS

機械のご紹介PRODUCTS

  • 脱葉処理装置

    Spiral Detrasher

    農家の省力化を図るため、サトウキビを切断したり、葉や泥などの不純物を除去します。
    • スパイラル脱葉機

      スパイラル脱葉機

  • 圧搾機

    Mill

    細断されたサトウキビを3本のローラーで圧搾し、搾汁する装置で処理量に合わせて2~5重圧搾機があります。
    搾り汁(ジュース)のみがロール下に流れ、搾りかす(バガス)は次の圧搾機に送られ、最終的にはボイラーまで送られます。
    ●油圧ドライブシステム
    油圧モーターと油圧ユニットで構成され、圧搾ロールの駆動に用います。
    従来の電動機に比べて速度及びトルクが簡単に制御でき、正転でも逆転でも瞬時に起動、停止が可能です。
    • 圧搾機
    • 油圧ドライブシステム

      油圧ドライブシステム

  • ボイラー

    Boiler

    製糖工場のボイラーはサトウキビの搾りかす(バガス)を燃料とし、発電設備の動力や加熱機器の熱源としての蒸気を供給します。
    燃えかすは肥料として農家へ還元されます。
    • ボイラー
  • ジュースヒーター(第一種圧力容器)

    Juice Heater

    清浄効果を高めるために搾り汁(ジュース)を加熱し、その後石灰を加えます。
    • ジュースヒーター(第一種圧力容器)
  • クラリファイヤー(連続沈殿槽)

    Continuous settling tank

    加熱し、石灰を加えた搾り汁を沈殿槽で清浄汁(クリアジュース)と沈殿物に分離します。
    沈殿物は肥料として農家へ還元されます。
    • クラリファイヤー(連続沈殿槽)
  • 効用缶

    Evaportor

    清浄汁(クリアジュース)は効用缶で水分を蒸発させて濃縮していきます。
    濃縮を進めてそのまま固めたものが黒糖になります。
    • 効用缶
  • 結晶缶(スターラー付)

    Vacuum Pan

    効用缶で作られた濃縮液(シロップ)を結晶缶の中でさらに濃縮し、種砂糖(シード)を混入し結晶化を進めます。
    • 結晶缶(スターラー付)
  • クリスタライザー

    Crystalizer

    結晶缶から出てきた砂糖の結晶と母液の混合物(白下)を冷却撹拌し、結晶の成長を促進させます。
    • クリスタライザー